2014年09月04日

名残惜しい・・・

「閉店のお知らせ」文を八雲台に配布して2日経ちました。

ご近所の方が、入れ替わり立ち代わりお見えになります。
ありがたいですね

「買っちょかな無くなるわ」とか
「もう買えなくなるから」とか
「残ったら困るでしょ」とか・・・
どんな言葉でも、すべてに愛が詰まっていて
噛みしめるように、ありがたく頂戴しております。

なんと、すでに品物が品薄になり、仕入れをすることに・・・(笑)
それはそれで、うれしい限りです^^
(まだ、割引セールはしてません!)



「これからどうするかね」
「寂しくなるわ」
「話に行くところがなくなる」
「やっぱり、辞めるのやめたとか言うだわね」
須田商店の役割をあらためて認識しているところです。

もっと行政が、こういった、地域に根差した取り組みを応援する仕組みを
作っていくべきです。まちの灯は、必要なんです。
須田商店を閉める理由の一つに、経費負担増があります。
先細る消費と供給のバランスが崩れていったのも大きいです。
いろいろノウハウやアイデアがあるのにな〜
政をされる方に、聞いてほしいものです。

須田商店は、私の実家でもあり、様々な想いが混ざり合ったところです。
家を守りながら、お店もやっている・・・そんなゆる〜いペースでしたが、
たくさんの方とご縁をいただきました。
ありがとうございます。


「よく頑張ったね」
というお言葉は、かなりツボります。
笑顔を引きつらせながら、お客様との時間を愉しみたいと思います

今週の土日はお休みですが、来週からはノンストップで走りぬきます!
もりりんの笑顔に会いに来てくださいね(^o^)丿
待ってるよ〜〜〜ん





posted by もりりん at 19:38| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。