2013年05月23日

嬉しい言葉

先日の田植えに来てくださった方から
嬉しいメールが届きましたぴかぴか(新しい)

私たちが西長江の活動に関わってからなので
4年目になりますか・・・
その頃から、味噌作りなど「田舎の森の休暇小屋」の活動に
いつもご一家で参加してくださる常連さんです!
抜粋してご紹介しますねるんるん

日曜日はお疲れ様でした。雨になってしまったのは残念でしたが
森さんたちや西長江の皆さんのあったかさの中で、今年も子どもたちの
成長が見れて嬉しかったです。西長江で季節を感じて育つ、〇〇家です。


休暇小屋が目指していることが、
こうやって少しずつ形になっていく・・・
ささやかだけど、一つでも芽が出ると
やっぱり嬉しいものですぴかぴか(新しい)

私は、「昔ながらの米作り」の活動を通して
農業のことや食、環境のことを考えるだけでなく
もっと暮らしに根ざした、生きるために必要な大事なことを
感じてほしいと思っています。
特に、子どもたちにはたくさん経験して
体感してほしいです。


それが、必ず「生きる力」になります。
何度倒れても、どん底でもはい上がれる力になります。


私たちは、今はボランティアで西長江の応援をさせていただいています。
西長江の人が大好きなので、頼まれるとなんでもしちゃいます(笑)
お金に換算できないものが、たくさんたくさんそこにはあって・・・

今年は、4年目にしてようやく地元の方から
「何とかしたい」という声が上がってきました!
長い間待ちました〜〜〜(笑)
お米を作るだけで満足ではなく、その先のことも考えて行かないと
続いていかない・・・ということに。
待った甲斐がありました(泣)

あとは、地元の方々と西長江のファンの皆さまの双方の、
いや私たちの想いもブレンドしながら、
その時のベストな形を作っていきたいと思います!

続いていく仕組み・・・
構想はあるのであとは実行のみ!ってか?(笑)



posted by もりりん at 06:50| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。