2012年11月20日

記憶のカケラ

風に乗って
乾いた土の匂いと
干し草の香りが混ざり合う


開放的な広々とした景色とともに




背の低い草が
風にたな引いて


柔らかな仕草で
手招きをする


その葉先を
撫でるように漂う


まるで
記憶をたどるように・・・



遠くから優しく響く
祈りの鈴の音


それは


懐かしく
切ない記憶・・・



posted by もりりん at 16:33| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。