2012年10月22日

大豆収穫のお手伝い募集!!(後編)

手前味噌作り、いよいよ後編です!
完結させなきゃね(笑)

西長江で、昔ながらの米作りをご一緒させていただいて3年。
米作りの取り組み自体は5年になります。
メンバーの皆さんも、高齢化の足音が聞こえてきます。
作業そのものも体力勝負ですが、
イベントを運営するのも年々負担となってきています。

ありゃ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
暗い話になっちゃいましたね・・・

でも、これは事実としてきちんと受け止めて
向き合わなければいけないことなんです。
地域の高齢化もそうですが、
田んぼや大地を耕す人が減っていく・・・とは
どういうことなのか。
自給率の問題や、食生活の問題にまで及びます。

私にできることは?

西長江との関わりの中で、
まち中で元気に暮らしている者には到底想像しがたい
現実も知りました。
5年、10年、いえ2年・・・
真剣に考えていかないとふるさとが消えていくかもしれません。
急がなければ・・・

昔ながらの環境に優しい米作り体験には、
若い子育て世代の家族がたくさん参加してくださいます。
もちろん、前編から書いてきたような想いに沿って
呼びかけをしています。

環境と人を見れば、お米がおいしいのは当然です!!(^^)v
私は、言い切れます!
もちろん、農薬使用の有無なども目安ではありますが
それは表面的なものであって
実際は自分の目で見て、肌に触れて、身体で感じなければ
「良さ」なんてわかりませんから・・・(持論ですので・・・)
だって、自分たちが少しでも手をかけたものは
美味しいんですから!!(手前味噌と一緒ですね)

田んぼがあらゆる生命を育み
大地を守っていること。
その結果として、様々な恩恵がもたらされていること

お米の奥の奥を感じずして
何を感じるのでしょう・・・

私たちがお米をいただけるのは、
その大きな流れのほんの1部分に過ぎません

そんな大事なことを思い出させてくれた
西長江の米作りをしながら、
「ここで大豆を育ててみたいな〜」とつぶやいたのが
きっかけ・・・なんです!

ほたる舞で麹を作って、地元の大豆で作る味噌は
きっと最高の味だね〜〜〜(^^♪
西長江の皆さんも、こんな私のわがままを受け入れてくださって
本当に感謝感謝ぴかぴか(新しい)です!

西長江の大豆は、皆の愛に見守られ
すくすくと育っております!

米作りが終わり、冬仕事に保存食を仕込むという
昔ながらの農家の暮らしのリズムを
今のあくせくした時代に、体験として取り入れることで
なにか見えてくるものがきっとあると信じて・・・
誰もが笑顔で暮らせることを願って・・・
米作りも、味噌作りもやり続けて行きますよ!!

米作りと同じように、大豆の選別も手作業でやります。
機械はできるだけ使わない方向でやりたいと思っています!
・・・ということは、皆さんご承知のように(笑)
皆さんのご協力が欠かせません!!
ぜひ、「ネコの手」となってくださいm(__)m
よろしくお願いします♪

                (完)

とか言いながら、またつらつらと書きますね!

大豆作業のご案内チラシです↓↓

IMG.pdf



posted by もりりん at 07:41| 島根 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。