2012年10月25日

ほたる舞収穫祭ご報告

今年も、晴天に恵まれた収穫祭!
西長江でのイベントはいつも大体晴れるんですよね〜(^^)

今年の収穫祭は、ゆったりのんびり長江を満喫していただく
内容となりました。
地元の方がたくさん来てくださっていたのはうれしいことです!
私は、今回初めてお客さんとして参加!!
いつも裏方でバタバタしておりますが、
いつもと違う視点で収穫祭を楽しませていただきました〜(^^♪

谷を渡る風が心地よく・・・
やっぱりいいところだな〜〜〜としみじみ思いましたぴかぴか(新しい)

お米ももちろん美味しくてるんるん
今年初の「玄米の試食」もなかなか好評でした!

収穫祭ダイジェスト版?!をお楽しみください(^^♪
お父さんたちも、売り子や準備に大活躍の巻〜〜!です(笑)

DSC_0007.JPG


DSC_0016.JPG


DSC_0019.JPG


DSC_0038.JPG


DSC_0064.JPG


DSC_0071.JPG


DSC_0026.JPG


DSC_0050.JPG


DSC_0068.JPG


DSC_0066.JPG


DSC_0074.JPG


DSC_0054.JPG

11月11日(日)から、手前味噌作りに向けて
大豆の作業が始まります!
1年を通して西長江を満喫してくださいね!!






posted by もりりん at 17:53| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

大豆収穫のお手伝い募集!!(後編)

手前味噌作り、いよいよ後編です!
完結させなきゃね(笑)

西長江で、昔ながらの米作りをご一緒させていただいて3年。
米作りの取り組み自体は5年になります。
メンバーの皆さんも、高齢化の足音が聞こえてきます。
作業そのものも体力勝負ですが、
イベントを運営するのも年々負担となってきています。

ありゃ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
暗い話になっちゃいましたね・・・

でも、これは事実としてきちんと受け止めて
向き合わなければいけないことなんです。
地域の高齢化もそうですが、
田んぼや大地を耕す人が減っていく・・・とは
どういうことなのか。
自給率の問題や、食生活の問題にまで及びます。

私にできることは?

西長江との関わりの中で、
まち中で元気に暮らしている者には到底想像しがたい
現実も知りました。
5年、10年、いえ2年・・・
真剣に考えていかないとふるさとが消えていくかもしれません。
急がなければ・・・

昔ながらの環境に優しい米作り体験には、
若い子育て世代の家族がたくさん参加してくださいます。
もちろん、前編から書いてきたような想いに沿って
呼びかけをしています。

環境と人を見れば、お米がおいしいのは当然です!!(^^)v
私は、言い切れます!
もちろん、農薬使用の有無なども目安ではありますが
それは表面的なものであって
実際は自分の目で見て、肌に触れて、身体で感じなければ
「良さ」なんてわかりませんから・・・(持論ですので・・・)
だって、自分たちが少しでも手をかけたものは
美味しいんですから!!(手前味噌と一緒ですね)

田んぼがあらゆる生命を育み
大地を守っていること。
その結果として、様々な恩恵がもたらされていること

お米の奥の奥を感じずして
何を感じるのでしょう・・・

私たちがお米をいただけるのは、
その大きな流れのほんの1部分に過ぎません

そんな大事なことを思い出させてくれた
西長江の米作りをしながら、
「ここで大豆を育ててみたいな〜」とつぶやいたのが
きっかけ・・・なんです!

ほたる舞で麹を作って、地元の大豆で作る味噌は
きっと最高の味だね〜〜〜(^^♪
西長江の皆さんも、こんな私のわがままを受け入れてくださって
本当に感謝感謝ぴかぴか(新しい)です!

西長江の大豆は、皆の愛に見守られ
すくすくと育っております!

米作りが終わり、冬仕事に保存食を仕込むという
昔ながらの農家の暮らしのリズムを
今のあくせくした時代に、体験として取り入れることで
なにか見えてくるものがきっとあると信じて・・・
誰もが笑顔で暮らせることを願って・・・
米作りも、味噌作りもやり続けて行きますよ!!

米作りと同じように、大豆の選別も手作業でやります。
機械はできるだけ使わない方向でやりたいと思っています!
・・・ということは、皆さんご承知のように(笑)
皆さんのご協力が欠かせません!!
ぜひ、「ネコの手」となってくださいm(__)m
よろしくお願いします♪

                (完)

とか言いながら、またつらつらと書きますね!

大豆作業のご案内チラシです↓↓

IMG.pdf

posted by もりりん at 07:41| 島根 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

大豆収穫のお手伝い募集!!(中編)

中編では、
なぜ手前味噌作りか・・・を語りたいと思います。
長くなるかもしれません・・・悪しからずm(__)m

「田舎の森の休暇小屋」では、
5年前から手前味噌作りをやっています。
1月〜2月の寒の時期に仕込めば
手軽に手作りの味が味わえます♪
なんといっても手作りは美味しい!!
混ぜるだけなので簡単だし〜(*^_^*)

体験なので、お持ち帰りは1キロだけですが
年々口コミで参加者が増えております・・・
須田商店の台所で個別にもやっているため
2月はフル稼働です(笑)

私はかれこれ15年ちかく、味噌を仕込んでいますが、
今までは、木次産の有機無農薬大豆と購入した麹、塩を使用していました。

いつか自分たちで大豆を植えて
その豆でお味噌が作れたらいいな〜と夢見心地でした♪
手前味噌作りを始めてから、
その想いはさらに強くなり・・・

そんな時、
長江米エコ栽培グループさんとの運命的?!な出会いがあるのですが・・・
まぁ、その話の前に、なぜ味噌作りだったか・・・
というところをお話ししましょうかね。

私自身も、仕事をしながら子育てをしていました。
仕事の帰りに保育園に迎えに行って、
帰ったら息もつかずに夕ご飯の支度。
食事を終えたら子どもをお風呂に入れて
洗濯をしながら寝かせる・・・

私は当時、どんなに忙しくても「野菜」をたっぷり取ること
「手作り」のものを家族に食べてもらうという自分なりのこだわりを持っていました。
また、子どもたちも一緒に食事の準備のお手伝いをするというルールも決めていました。
例えば、玉ねぎの皮をむいたり豆のさやを取ったり、
野菜を切ったり、混ぜ混ぜしてもらったり・・・
子どものことなので、結果的に手間がかかることが多かったですが
一緒に作るということが大事で、作業をしながら保育園での話を聞いたり歌を歌ったりと、
今思えば忙しい中にも楽しい時間でした。

そこで目をつけたのが保存食です!
梅干しや漬物、味噌などは、作るときに手をかけるだけで
長らくいただけます!
それに、手作りが安全でおいしい(^^♪
・・・ということでいろいろ自己流で研究をして
オリジナルの味を編み出していきました!!

毎日毎回手作りはしんどいけど
メニューの中に1アイテムでも手作り品があると
気分的に充実ですからね!

・・・でそろそろまとめないとね(笑)

なぜ手前味噌作りか・・・ということ。

子育て世代の皆さんに、
ぜひぜひ手作りを実践してほしい!という願いから
味噌作りをやっています!
だって混ぜるだけ!置いとくだけ!⇒超簡単(^^)v
お味噌汁は毎日でも食べますよね!
飽きのこない日本の伝統食なんです!
お野菜もたっぷり取れるし・・・

そして、
味噌ができる過程って実は子育てや
人間関係とまったく一緒なんです!!(驚)
奥が深いのだ〜〜〜〜(^^)v
お味噌は生きていて、ちゃんと意志を持っています!
愛を込めて作り、愛を込めて育てると
ちゃんと味わいとなって表われます。不思議・・・
だからやめられないんですよね。

私の作る味噌は倍麹レシピです。
混ぜるだけでだれでもできます。
でも、出来上がりの味は十人十色です!

手前味噌作りを通して、伝えたいこと
感じてほしいことは山ほどあります!
美味しい味噌を作るためにやっているわけではありません。
誰かのために作る・・・という行為が大事なんです。
その結果、美味しくなる・・・
そうなんですよね!
そこがポイントなんです!
手前味噌作りは、生きるヒントがたくさんつまっているんです♪

後編へ続く・・・



posted by もりりん at 08:43| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。